方針

素材メーカーとして豊かな社会の実現と快適な生活に貢献する

  • 環境安全方針
    • 1.あらゆる手段を講じて「見える化」を推進し、「現場力」を強化して、事故・労働災害の「ゼロ化」を図る。
    • 2.地球環境保護のために、事業の全ての過程、あらゆる部門、階層において環境・安全・健康について継続的改善に努める。
    • 3.原料調達から製品の開発、製造、販売、輸送、廃棄にわたる全ての過程において取扱う化学物質の科学的知見を基に適正に保管、管理し、環境・安全・健康の確保に努める。
    • 4.資源、エネルギーの再利用、リサイクルなど有効利用に努め、廃棄物を削除し、提供するユピカ製品が地球に優しいものであることを目指す。
    • 5.製品の開発、研究の成果が、地球環境保全、安全確保に役立つような創造的な研究開発に努める。
    • 6.法令、規則、基準を遵守し、会社一丸となって、創意工夫し、環境・安全・健康の更なる向上に努める。
    • 7.環境・安全・健康に関する本方針を全従業員に周知徹底すると共に、継続的改善の成果を含めて、社内外の対話に努める。
  • 日本ユピカ株式会社は、不飽和・飽和ポリエステル樹脂、エポキシアクリレート樹脂、アクリル樹脂、メタクリル酸エステルを生産販売する化学メーカーとして、卓越した製品の品質をお客様に提供するために品質方針を定める。
    また、品質方針に従って品質目標を設定し、達成度を確認しながらレビューを実施する。

    • 1.顧客満足の向上
      • ・お客様の要求を的確に把握し、お客様に満足して頂ける製品を提供する。
      • ・お客様の新たな要望・潜在ニーズに対して、的確かつ迅速に開発を進め、新製品を提供する。
    • 2.品質の安定化
      • ・作業手順の遵守、手法の改善・設備改善を進め、お客様に対して高品質の製品を提供する。
    • 3.製造原価低減
      • ・製造原価を適切に把握、潜在化した無駄を顕在化させ徹底的に排除して、コスト競争力のある製品を提供する。
      • ・トップダウン及びボトムアップによる省エネ活動の推進を行い、製造原価低減を図る。
    • 4.人材の育成
      • ・生産技術・樹脂合成技術・ノウハウ等の教育を進め、将来の人材を育成する。
    • 5.法的要求事項の遵守
      • ・企業活動のあらゆる場面で関連する法令、規制要求事項を遵守するとともに、企業として社会的責任(CSR)を果す。
    • 6.品質マネジメントシステムの継続的改善
      • ・品質マネジメントシステムの維持・向上のために、継続的に改善を実施する。

    日本ユピカ株式会社         
    代表取締役社長 山根祥弘

お問い合わせ お気軽にご相談ください
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • よくあるご質問
Page Top